kotomina 2011年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんとなく。 でも たしかに。



片付けもようやく終焉を迎えつつある。

だいぶ整理して、ものの配置を変えてみたら、ちょっと印象が変わった。

持ってるものは同じなのに、組み合わせ方で新しいかんじになるもんだね。

片付け作業しているうちに、削ぎ落としていきつつも、再び作る工夫がしたくなってくる。

きょろきょろ。あちこち見渡していると、あっ! あそこ!

こういうふうにしたらかわいいかもなー。なんてひらめいてごそごそ手を加えてみたりする。


けっこうアバウトでいきなり我流でなんでも作り始めるから、最初のイメージとちょっと違って来たり
寸法が足らなかったりするけれど、まあそれもよし。

そもそも、バランスがちょっとくずれてるくらいの方が、わたしは好きなので。
シンメトリーのものは、わたしには心地が悪い。
どちらかにそのバランスをずらしたくなるところがある。


こだわる部分とおおざっぱな部分。

繊細なようでいて、どこかがすこーんと抜け落ちていたり。

きっちりなようでいて、詰めが甘いというか。


シンメトリーが苦手というのは、なにか、完全なというか完璧なもの、型がしっかり固定されているもの
から自由でいたい、というのがあるような気がする。


フリーハンドでつくるのがしっくりする。

下書きしても、いつもその線きっちりとなぞらず、あくまで目安でしかなくて
どんどんずらしていってわたしの中にある本来のバランスとしてのカタチが出来て来る。


きっちりした線をなぞれない、というのは、わたしの人生の歩み自体がそうなんかもー。

きっちりした、安定した人生の歩み、みたいなのに、なんだかどうも乗り切れない
(乗ろうとしない?)のは、それがわたしのバランスなのかな?


そもそも、きっちりした安定した人生、というのも幻かもしれない。
それもわたしの思い込み、枠、かもしれないな。



アシンメトリーの中にある美しさに、なにか反応する。

ちょっといびつ。

ちょっとはずしてる。

ちょっとかたむいてる。

ちょっとはみでてる。


その ちょっと具合と、その ずれ具合と に惹かれる要素があるみたい。



なんか、なにが書きたいのか分からなくなって来た。
まあいいか。
スポンサーサイト

さいきんのわたし



二日前、急に暑くなってきたなー と思ったら
暦では夏になってたんだね。

さいきんのわたし。
まだまだお掃除中。
わたしの住まい、持ってるもの、すべてを見直してデトックスしているようなもの。

初夏は毒出しの季節だから。

なるほど、じぶんでも納得な行動といえる。


エリアエリアで片付けていってて、昨日からやっと台所エリアに着手。

いま、2階はちょっとした引っ越し作業してるみたいな状態になってる。

引っ越し作業みたい、って?
ひっこしするのかなー、わたし。どうかな。
そんな気配や予感はきてないけど。

でも、最近ますます、自分が表層で想像できることは一部分にしかすぎなくって
ほんとに感じていること、一見気づいてないけど深いとこには落ちていることが
意外な展開で目の前にやってきたりするようになってきているなーとおもう。

からだのほうが、せっせせっせと何か動きをとってたりするから。

引っ越し作業的になってるのも、なにか、なるほどとうなづける
流れだと、あとで思うのかもしれない。。
とか、おもってみたり。



なんにせよ、今いる空間を心地よく使いやすいように、したい、という気持ちかな。


大々的にモノを片付けるモードになるときは、モノを整理することを通して
思い込みとか感情とか、そんな古い溜まったもの執着みたいなものを一緒に
落として行く、そんな意味合いがあるように感じる。




モノ全部のけて掃除して、いるものいらないもの見極めて処分して
モノの置き場所変えてみたりして。

もう、単純に、ほこりが拭い取られてさっぱりきれいになるだけで
わたしのからだもなにかが剥がれ落ちたみたいに軽くなる気がする。


気がする、のは多分実際そうなんだろうとおもう。


わたしが暮らす空間は、わたしのからだやこころがそのまま拡大されている
わたし自身そのものでもあるのだから。

空間にあるものはそのままわたしを反映しているだろう。

今までは必要だったから。
それがじぶんぽかったから。

そういう空間になっていったのだけど。

たった今のわたしにしっくりくる空間へと、ほんとに要るもの見極めて
削ぎ落としていこうとしている。



掃除して片付けていく作業は、目に見えて成果がはっきり現れるし、
動いている中で、からだの爽快感があったり、空間をどう変えて行くか
工夫する楽しさとか、あたまのなかの混乱が整理されたりもして、
これはなかなかに、やりがいあってよろこびのある作業だとおもう。

わたしの趣味みたいなものかもしれない。

気分転換というか、じぶん転換だね。
プロフィール

kotomina

Author:kotomina
京都駅の南側すぐそばにある古い昭和のおうち
kotomina(コトミナ)。
2008年から5年間活動し、2013年5月にcloseしました。


お問い合わせは、下段にあるメールフォームをお使いください。

最近の記事
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。