kotomina 2009年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせ ヨウさんの木削り教室@ちおん舎


コトミナで一番始めに集まりを持たせてもらったのが、ヨウさんの木削り教室でした。

自分にいちばんぴったりの木と出会うことからはじまり、手のなかにある木と対話しながら
無心になってただただ削っていきます。

そこに集まったひとたちと輪になって、ひとりひとりの話やヨウさんのことばを聴くのも
楽しい時間です。

 (どんな感じかは、ブログのカテゴリにある『ヨウさん木削り』の項目をご覧下さい)



今週末に京都のちおん舎というとても素敵な町屋で教室があります。

木削りの時間も、ヨウさんと出会うのも、
すごくすごく良いですよ~!


参加される方は、ちおん舎さんまでお問い合わせくださいね。

私は、予定が入ってしまっていて行けず残念です。。。。


コトミナでは9月に教室をさせて頂けるかもしれません。^^
その時はまたお知らせしますね。




********************************


○ヨウさんの木削り教室○

一年ぶりに「ちおん舎」で木削りを行います。
京都の古い町家の空間で、のんびりと木と対話してみませんか?

日程 8月2日 (日)14:00~17:00

場所 ちおん舎 (京都市中京区衣棚通三条上る突抜町126)

参加費 大人3,000円 子供2000円


申込 問合せ 075-221-7510(ちおん舎)nisimura@chikichi.co.jp



ヨウさんからのメッセージ

木削りを始めて、もう10年以上になります。昨年はアメリカのシュタイナー教育の学校やロスのコミュニティーセンター、ニューヨークのチェルシーホテルなどでも木けずりをさせてもらいました。木削りは、
まわりに合わせるでなく、自然に意識しながら、本来の自分自身に還る時間です。なにも考えないで、ただ無心に木と触れ合う心地よさを体感してください。



  ○滝本ヨウ プロフィール
   1949年和歌山県生まれ。横浜・ロサンゼルス在住。18歳で
   カルフォルニア大(USC)建築学科卒業後、東京で22年間都市計画
   業務に関わる。
   1998年<ふるさと工房HOME>を設立。木削り教室を、日本及び
   アメリカで開催しながら、広い視野で地域生活圏をベースにした
   ふるさとづくりを推進中。
   ふるさと工房HOME http://www.h6.dion.ne.jp/~kikezuri/
スポンサーサイト

kotomina 8月の予定


 * kotomina 8月の予定 *




● 合気道ワークショップ
 
   8/5(水)14:00~16:00      
    参加費  初回の方7000円  2回目以降の方 5000円

    講師 矢加部幸彦(セラピスト 神道音楽家 古神道修道士 )
       ホームページhttp:// http://yakabe.web.infoseek.co.jp/ 
       ブログ http://hakuchu.blog58.fc2.com/

 
* 合気道は、「神道(神ながらの道)」の武道的表現だといわれています。
   その動きは宇宙の理そのもので、決して争わず、ぶつからず、
   ¨和して解ぐ¨祈りそのものでもあります。

   また、それは禊であり祓いであり、宇宙と響き合う「さむはら」の武道です。

   合気道の稽古は「自己覚醒」のプロセス。
   相手を通して(相手と共に)、身体の感覚, 意識と向き合い、見つめ、
   自己を知り、自分を受け入れ、本来の自由な自分を思い出していく
   自己統合のプロセスを、リアルに体験していきましょう。









●  ***  コトミナ的キョウト案内 その1 東寺弘法市編 *** 
            『弘法さんへ行こう』


  (日時) 8/21(金) 9:00にkotominaに集合    
              12:00頃にkotominaに戻り、解散の予定
  (参加費) 1000円


 弘法大師の命日3月21日を期して、毎月21日に御影堂で御影共が行われます。
 境内全域に1200~1300店程の露天が立ち並び、地元のおじいちゃんおばあちゃんから
 観光客、外国の方まで大勢の人々が訪れ、大変な賑わいです。

 骨董、古着、食べ物、植木、衣類、日用雑貨まで、
 美味しいもの、素敵なもの、掘り出しもの、満載!
 活気があって、お店のひととのやりとりも楽しくて、いいエネルギーに満ちています。

 お参りをし、オススメのお店を紹介しながら散策します。
 

   *大きなお荷物のある方は、集合時にコトミナにお預け頂いてもいいですよ。
    お昼頃コトミナで解散ですが、弘法市でお買い物したもので
    お昼にしてもいいですね。
    その時の流れで自在に楽しめるようにしたいとおもいます。









● シンギングボウル&気功ワークショップ

 ☆シンギングボウル
  シンギングボウルはチベットの宗教儀式に用いる法具のひとつです。
  澄んだ音と長く続く余韻。
  その倍音の響き、振動はこころとからだに深く静かに沁み込んでいきます。
  穏やかでリラックスした心地を味わってみて下さい。


 ☆気功
  ふりこや波といったシンプルな動きでからだもこころもゆるんでいきます。
  折々の季節に合ったてあてもします。
  気持ちよく動きながら、自分の中にあるいきいきとしたエネルギーに
  気づき、目覚めさせていきましょう。


 ☆シンギングボウルの響きと気功で、こころとからだを癒し
  いのちのエネルギーを高めましょう ☆

  (参加費) 3000円
  (伝える人) きはらゆうこ:kotomina主宰・NPO法人気功協会会員・看護師
         たかはしとしみつ:シンギングボウル愛好家・NPO法人気功協会会員

  (場所) kotomina (京都駅八条西口より徒歩約3分)

  (日時) 8/8(土)
        20(木)新月
        29(土) 
        30(日)
       時間は 19:00~21:00 です






***************************************


 ★お申し込み、お問い合わせはメールフォームからどうぞ。

 ★★ kotominaではスペースのレンタルをしております。
    お気軽にお問い合わせ下さい。



お蚕さん日記 6


okaikosan16.jpg


久々の日記です。


毎日夢中で見続けています。

一昨日、昨日と二日かけて12にん全員が無事に最後の脱皮を終えました。

今は5齢目に入っていて、この後一週間程でいよいよ繭をつくりはじめるんですよ。



okaikosan12.jpg


これは、脱いだ皮ですよ。
干涸びた魚っぽいなあ。

顔の先端も黒く固まってきて、脱皮の時はからだの皮を脱ぐと同時に、
顔の黒くまんまるしたぽっちもポロンと取れます。


okaikosan13.jpg


okaikosan15.jpg


脚は、前(胸脚)の三つは先端が尖っていて三角のかたち、
後は(腹脚)は四つで先端は平らになっていて違いがはっきりしてきました。

最後の脱皮を終えたら、脚のまわりに産毛みたいにふさふさしているのが
よくわかるようになりました。



5齢目ともなると、食べっぷりにすばらしく勢いがあります。
一心不乱にかじります。
すごーく早食い。 
かじるテンポに一定のリズムがあって、職人の仕事を見ているよう。

お蚕さんは、首が360度自由自在にまわるみたい。
食べる時もすごい姿勢を取ってたりします。
時々頭をぐわんと反らせて、イナバウアー状態になることも。

食べたら食べた分だけ、確実にからだが大きくなっています。

ひとりも欠けること無く、全員予定通り順調な成長です。

わたしの熱い視線、励ましの声が彼らに届いているようです。^^


okaikosan14.jpg


お蚕さん日記 5

okaikosan9.jpg

上の写真のグレー色のひからびた物体が、脱皮した皮です。

脱ぐ瞬間を見たかったのですが、17日の朝ふたを開けて覗いてみたら、
既に生まれ変わっていました。
古い皮があちこちに脱ぎ捨ててあって、また大きくなっています。
すっかり乾燥してしまった葉っぱの上をもそもそ動いています。

新しい桑の葉をあげると、勢いよく食べ始めます。

食べるスピードも量も、格段に進歩してきました。

わしわしわしわし。。。。食べてるオトがします。


ただいま3齢目に入っています。

一日毎というより、一回食べる毎に着実に体が大きくなっています。

ある程度食べると動きが止まります。
顔を上に持ち上げた姿勢でしばらく静止しています。
またしばらくすると、急に顔を細かくふるふるふるっと横に振って、また動き出します。


気持ちよい食べっぷりとか、脚と背中が連動した滑らかな動きとか、
顔を上に持ち上げた状態で微動だにしない姿勢だとか。。

感心してしまいます。

動きが自然で、無駄なものがなくて、美しいので、見飽きないのです。


歩く動きの波打ち方は、気功的だなあ。

毎日見続けているせいか、目を閉じてもお蚕さんのクニクニ動く滑らかな様子が
鮮明に浮かびます。

気功する時は、なんとなくその動きがイメージされていたりします。(笑)

お手本ですねえ。



お蚕さんたちはコトミナにいますので、来られた時には会って行ってくださいね。☆


育ててみるととっても興味深くて、おもしろいですよ。








okaikosan11.jpg


『弘法さんへ行こう』のご案内


毎月21日の楽しみ。 東寺の弘法市はいよいよ来週です。


弘法大師の命日3月21日を期して、毎月21日に御影堂で御影共が行われます。
境内全域に1200~1300店程の露天が立ち並び、地元のおじいちゃんおばあちゃんから
観光客、外国の方まで大勢の人々が訪れ、大変な賑わいです。

骨董、古着、食べ物、植木、衣類、日用雑貨まで、
美味しいもの、素敵なもの、掘り出しもの、満載!

活気があって、お店のひととのやりとりも楽しくて、いいエネルギーに満ちています。


欲しいなあ、出会えるといいなあ、というものをリストアップして紙に書いて行くと
次々に おおっ!これはー! という出会いがあったりします。

コトミナのちゃぶ台やマトリョーシカなども、弘法さんでゲットしたものばかりです。


色々なお店をぶらぶら見て回るだけでもとっても楽しいですよ。♪



オススメのお店や、ルートなどご紹介できるといいなあと考えています。

私たちとご一緒に弘法市を楽しみませんか。☆



以下、ご案内です。



  ***  コトミナ的キョウト案内 その1 東寺弘法市編 *** 
         『弘法さんに行こう』


  (日時)7月21日(火) 9:00にkotominaに集合
  (参加費) 1000円

   ○お参りをし、オススメのお店を紹介しながら散策します。
    美味しいもの、思わぬ掘り出し物に出会えるかも☆
    12:00頃にkotominaに戻り、解散の予定。

   *大きなお荷物のある方は、集合時にコトミナにお預け頂いてもいいですよ。
    お昼頃コトミナで解散ですが、弘法市でお買い物したもので
    お昼にしてもいいですね。
    その時の流れで自在に楽しめるようにしたいとおもいます。



 ★参加される方は、メールフォームからご連絡下さい。★

シンギングボウル&気功ワークショップ 7月の日程



  『シンギングボウル&気功ワークショップ』  

 ○シンギングボウル
  シンギングボウルはチベットの宗教儀式に用いる法具のひとつです。
  澄んだ音と長く続く余韻。
  その倍音の響き、振動はこころとからだに深く静かに沁み込んでいきます。
  穏やかでリラックスした心地を味わってみて下さい。


 ○気功
  ふりこや波といったシンプルな動きでからだもこころもゆるんでいきます。
  折々の季節に合ったてあてもします。
  気持ちよく動きながら、自分の中にあるいきいきとしたエネルギーに
  気づき、目覚めさせていきましょう。


 ☆シンギングボウルの響きと気功で、こころとからだを癒し
  いのちのエネルギーを高めましょう ☆

  (参加費) 3000円
  (伝える人) きはらゆうこ:kotomina主宰・NPO法人気功協会会員
         たかはしとしみつ:シンギングボウル愛好家・NPO法人気功協会会員

  (場所) kotomina (京都駅八条西口より徒歩約3分)

  (日時) 7月 18日(土)
          22日(水)日食新月
          25日(土)

       時間は 19:00~21:00 です


 ☆お申し込み、お問い合わせはメールフォームからどうぞ。

お蚕さん日記 4

お蚕さん。 ただいま2齢目の眠(みん)に入っておられます。


蚕は幼虫期の20日間ほどの間に4回の脱皮を繰返し、
生まれた時に比べると一万倍の大きさにもなります。

7/14に、一回目の眠(脱皮の準備)から脱皮が無事終わりました。

初めて見た眠の姿。

それまでは、ひたすら桑の葉を食べ続けていましたが、眠に入ると
みんないっせいにぱったり動きが止まります。

よく『死んだように眠る』という表現がありますが、
ほんとにくったり静止してました。生きてるのかしら。。??
と疑問になるほど、見事な静止ぶりです。
この暑さに弱ってしまってるのではないか。。。と思わなくもなかったのですが、
脱皮準備中にいると信じて見守っていました。


予定通り一日で脱皮を終え、再び活動し始めていました。
極々小さな茶色いものが葉っぱにこべりついています。
どうやら脱いだ古い皮のようでした。
脱ぐ瞬間には遭遇できなかったです。


毎日確実にサイズが大きくなっていて、頭が大きく体の節や脚の様子がはっきりしてきました。

葉っぱを食べるスピードや量も明らかにアップしています。


見ていて飽きなくて、一日に何度もじーっっと見つめてしまいます。

小学生になったキブン。

まさに、夏休みの自由研究で観察してるような気がしてきます。(笑)


今は、2回目の眠の最中です。

脱皮の瞬間を見れるといいなあ。



okaikosan6.jpg

okaikosan7jpg.jpg



お蚕さん日記 3

お蚕さんたち、順調に食べてはります。

葉っぱは点々と小さな穴があいています。

糞もものすごーく小さいのが、ぱらぱら落ちています。


食べる 出す  食べる 出す。。。。

ただただシンプルに生きていはります。




 脱いだ卵の殻です  お米っぽい。  白ごまよりも小さい。

okaikosan3.jpg


okaikosan5.jpg


葉っぱの先にある クニッとした黒いものが生まれて間もないお蚕さんです

okaikosan4.jpg

お蚕さん日記 2

お蚕さん。 先ほど見たら卵から孵っていました!!

ほそーいほそーいひょろひょろした黒いものが動いています。

12個のうち顔を出したのは今の所5つです。
(追記:夕方見たら更に増えていて、まだ孵っていないのは残り3つですー)

卵のからは透明になっています。


育て始めてから、(出て来るかなあ~ 出て来るかなあ~)と
気になって、やたらにふたを開けては眺めていました。

虫眼鏡でまじまじ見つめていました。

なんの動きもなく、しーんとしているので、生き物がいるようには一見感じられないのです。

わたしがどれだけやきもきしてもしょうがないのです。

出てくる時には、出て来る。
今は、待つことをすること。

『おーい 出てきてねー。まってるよー。』と声かけしたりして。(笑)

今朝は3時半に一旦目が覚めてしまい、その時の夢にもお蚕さんが出てきてました。
(それだけ気になってるみたいです)

ふたを開けて見てみますが、まだ卵のままでした。

それが8時半に見ると、5つひょろりとうねうね動くものが!!!

無事に出てきてくれて。。う、うれしい。。。


今日から桑の葉を食べてもらいます。


また写真アップします~。^^



***
○追記 先に生まれたのからえさをあげると、成長に差が出てきてしまうので、
   みんな揃ってからがいいですよ、と言われて、残りの卵も孵るのを待っていました。

   卵から出て来る瞬間を見ることが出来ましたよー。
   色が白くなってちょっぴりスケルトンな卵になっていくんですよ。
   うっすら黒いものが中にいるのが見えてきます。
   卵の側面にぽちっと黒い点が見えて、それは頭のようです。
   卵のからを破って、にゅにゅっと一気に体の3分の2くらいまでが出てきます。
   あとは、くねくね動きながら、よいしょよいしょと殻を脱ごうとしていました。

   夜の9時半に無事12このみなさんが揃いました。 パチパチ~。
   みなさんお待ちかねの桑の葉を食べてもらうことにしました。

   お蚕のみなさん ようこそ~。^^





シンギングボウル&気功ワークショップ 7月の日程



今年も7/7は、気功協会の七夕てあての会に参加しました。
気功をして、てあてをして、やわらかく澄んだ心地がからだこころに広がります。
その状態で、最後に願い事を短冊に書いて、笹に吊るします。

首のうしろと背骨のてあてでは、ふわあ~とあたたかさがじわじわ広がって行って
ほわんと気持ちが良く、つっかかりが解けていきました。

背骨のてあてでは、なんとなくそのひとらしい骨の部分を感じて、そこにてあてをしました。
”そのひとらしさ”のその動きが出てくるように。

そのひとが、そのひとらしい動きをして、そのひとらしい願いを叶えて行くと、
なにもぶつかることなく、それぞれに願いが叶っていって、調和がとれていくのです。

笹に吊るされたそれぞれの願いの短冊。
その笹は、バランスがとれていてとても気持ちの良い姿をしていました。


穏やかでやさしさに包まれたあたたかな集まりの七夕の夜でした。


****


さて、シンギングボウルと気功のワークショップですが、今週土曜日、日曜日にありますよ~。

やわらかく動き、やわらかく響き合って行きましょう。☆





  『シンギングボウル&気功ワークショップ』  

 ○シンギングボウル
  シンギングボウルはチベットの宗教儀式に用いる法具のひとつです。
  澄んだ音と長く続く余韻。
  その倍音の響き、振動はこころとからだに深く静かに沁み込んでいきます。
  穏やかでリラックスした心地を味わってみて下さい。


 ○気功
  ふりこや波といったシンプルな動きでからだもこころもゆるんでいきます。
  折々の季節に合ったてあてもします。
  気持ちよく動きながら、自分の中にあるいきいきとしたエネルギーに
  気づき、目覚めさせていきましょう。


 ☆シンギングボウルの響きと気功で、こころとからだを癒し
  いのちのエネルギーを高めましょう ☆

  (参加費) 3000円
  (伝える人) きはらゆうこ:kotomina主宰・NPO法人気功協会会員
         たかはしとしみつ:シンギングボウル愛好家・NPO法人気功協会会員

  (日時) 7月 11日(土) 12日(日) 
          18日(土)
          22日(水)日食新月 25日(土)

       時間は 19:00~21:00 です


 ☆お申し込み、お問い合わせはメールフォームからお願いします。



s&kワークショップ


お蚕さん日記 1

お蚕さんを育て始めています。

7/3からスタートしてます。 今はまだたまごのままです。

卵といっても、植物の種みたいです。

一週間前後で卵から孵るそうです。

小さな黒い粒のままでしたが、今日くらいからなんとなくやや平べったくなって
色味も薄くグレーになっています。

卵から出てくるのがたのしみです。


昨日の七夕には、無事にみなさんが育ちますように、と願いを書いて
笹に吊るしてきましたので、だいじょうぶ。
お蚕のみなさんに出会えるでしょう。


まさか、生き物を、それも、蚕を飼ってみることになるとは。。

何に出会えるか分かりませんね。


このお蚕さんの卵は、西陣にある『織道楽 塩野屋』さんから飼ってみないかと勧められたのです。

塩野屋さんは千本一条下ったところにある、京都に十四代続く織元です。
”本シボ柳条縮緬”の織物を作っています。

全て国産でのもの作りにこだわり、京都では残り3軒となってしまった養蚕農家と契約して国産の
繭を仕入れ、座繰りで製糸してもらい、西陣の15人の職人さんたちの手を経て、
生み出されています。

また、桑の木を育て桑園を作る運動や、地元の小学校へ蚕の話をしに行かれたりします。


塩野屋さんの社長、服部さんはとても熱いこころを持った方です。
お店に遊びに行くと、いつも絹フィルターでいれた美味しい珈琲を頂き、色んな話を
熱く語って下さり、とても興味深く楽しく、ついつい長居してきてしまいます。

わたしは、絹100%のボディタオル、タンクトップ、T-パンツ、絹製珈琲フィルターを
愛用しています。

どれも優れものです。^^

  織道楽 塩野屋




いつもいろいろとお話しを聞いていて、蚕のことも聞いていたのです。

自分が着ている衣服のその始まりはどうなのか、ふつうはなかなか知る機会がないですよね。

優れた素材である絹は、お蚕さんが吐き出した糸から作られるんですよね。

塩野屋さんではお店に今、桑の葉を食べている幼虫、蛹が繭を作っていたり、蛾がいたりと、
色々な様子を見ることが出来ます。

私は生まれて初めて生でお蚕さんたちを見ました!

よくよく見ていると、かわいいような。。

育ててみるともっと愛着が湧いて来るかもしれないなあと感じました。


さてさて、これからどうなって行きますか。。

卵から生まれたらまた報告します~。







okaikosan1.jpg

お蚕さんの卵 これは初日です。

okaikosan2.jpg


カレー食べようの会 ありがとう



毎月一回行っていた『カレー食べようの会』。

先月6月で一旦終えることにしました。

チエさんが作るカレーと私が炊く玄米との組合せ。

チエさんのカレーは、色んなスパイスと野菜と豆とが混ざり合った滋養溢れるもので、
毎回毎回工夫し、研究して、美味しさに磨きがかかったものになっていました。


参加される方は、毎回さまざま。

当日になるまでどんなお顔が揃うのか、まったく読めないのでした。

不思議と何か共通したテーマみたいなものが、集まった人たちとの会話の中で生まれてきました。

夏は、汗を一杯かきながら、ひとびとの熱気でアジアのバックパッカーの宿状態になったり。。

冬はコタツに入って、ほっこりと。 ぬくもりに次第に眠りに落ち入るみなさん。。


占いコーナーがあったり、シンギングボウルの練習会になったり。。


カレーの会は、ほんとに色んな状態になってました。


わたしたちは、まったく読めず何が起こるか分からない
予測不能なかんじ、出会いのおもしろさ、ふしぎさ、を楽しんでいました。


美味しいものがあると、自然にみんなで同じテーブルを囲んで話が弾んできますね。


いい会だったなあ。。と、しみじみ。。



カレーの会を楽しみにして、美味しく食べて頂きうれしかったです。

参加して頂いたおひとりおひとりに、ありがとう。



また、生まれ変わったカレー食べようの会を再開できる時が来たら、お知らせしますので、
楽しみにしていてくださいね。

ありがとうございました。

また、よろしくおねがいします。☆



080825-143608.jpg
080607-121024.jpg
080824-124509.jpg
081025-124234.jpg
081025-124717.jpg
L1010896.jpg
プロフィール

kotomina

Author:kotomina
京都駅の南側すぐそばにある古い昭和のおうち
kotomina(コトミナ)。
2008年から5年間活動し、2013年5月にcloseしました。


お問い合わせは、下段にあるメールフォームをお使いください。

最近の記事
カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。