kotomina みつろうキャンドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みつろうキャンドル作りましょう


miturou.jpg




先日の台風が過ぎ去ってから、空気がまた切り替わりましたね。
この数日はいいお天気で、心地がいい。
一昨日は虹を、昨日は幻日を見ることができて、嬉しくなってしまいました。^^

これからだんだん寒くなって行くけど、寒いから味わえる楽しみもあります。

最近やけに熱ーいお茶が美味しく感じます。
お味噌汁もまた美味しく体中に沁み渡って行きます。


あたたかさ、温もりに触れると、からだもこころも喜びます。

ろうそくの炎も、温もりがありますね。

ろうそくを灯すと時間の流れ方がゆったりとしてきて、静かに落ち着いていきます。

ろうそくは、これからの季節の愉しみです。☆


みつろうのキャンドルは、炎の色合いがやわらかで香りもやさしいです。

簡単に、楽しく、かわいく作れるんですよ。♪


ご参加お待ちしていますね~。


****


●10/17(土) みつろうキャンドルを手作りする会 13:00~16:00

 ~しずかに灯る やわらかなあかり  ぽぉっと わたしの  こころに灯る ~

  参加費 2500円  定員4名
  伝える人  きはらゆうこ(kotomina主宰)

  ☆みつろうが  ゆっくりゆっくり 溶けて。
   毎瞬毎瞬 新しくカタチがあらわれます。
   わたしの手から。
   世界でたったひとつの愛らしいキャンドルが生まれてきます。☆




****

 ★お申し込み、お問い合わせはメールフォームからどうぞ。

 ★★ kotominaではスペースのレンタルをしております。
    お気軽にお問い合わせ下さい。

スポンサーサイト

手から生まれる愛らしい時間



T0010002.jpg

T0010003.jpg



昨日はみつろうキャンドルを作りました。

愛らしいものが生まれました。
作った人の人柄が表れているようです。
その人その人のらしさががかたちになってきて、どの人のもとってもステキだなあと、
毎回感じます。
楽しんでもらっている姿を見ていると、わたしもうれしいのです。

みつろうキャンドルを作るのは、ゆっくりゆっくりです。
みつろうの塊が溶けて行くのも、じわじわじわ。
糸を垂らしてみつろうがくっついて大きくなって行くのも、だんだんだんだんと。

自然とゆったりした心持ちになっていくのです。
そして、ちょっとずつ変化して育っていってかたちになっていくうちに、なんとなく愛着が湧いて来て
愛おしい気持ちが芽生えて来ます。

こころにも明るいひかりがぽわっと灯るような。
そういうことが自分の手から生み出されること。


すてきな愛らしい時間を伝えることが出来る機会を持たせてもらえることは、
ほんとうにうれしいです。


来て下さってありがとうございました。


みつろうキャンドルを手作りする会、次回の日程はまた後ほどお知らせします。

自分の手から生まれる愛らしい時間を味わいに、どうぞお越し下さいね。
ご参加お待ちしています。


☆もし日程が合わなくても、体験してみたいと思われている方は、ご希望の日にお応えすることも
可能ですので、どうぞお気軽にお問い合わせ下さいね。




T0010005~001



今週はみつろうキャンドル


不明-19


6月21日は、夏至のキャンドルナイトですね。

みつろうのキャンドルは、香りがやさしくあたたかな炎の色。
まわりの空気を浄めてくれます。

キャンドルの灯りは優しく照らし、静かで落ち着いたじかんが訪れます。


今年のキャンドルナイトは、自分で作ったキャンドルを灯してみませんか?
作る時間はとても楽しくて、愛らしいステキなキャンドルが生まれて来ます。☆


まだお申し込みできますので、どうぞご参加くださいね。



  みつろうキャンドルを手作りする会 
     日時  6/9(火)・ 6/14(日) 13:00~16:00
     参加費 大人3000円 子供2000円(材料代込み、お茶・お菓子つき)
     定員4名
     kotomina主宰(きはらゆうこ)
           
 。。しずかに 灯る   やわらかな あかり
        ぽっ と  わたしの  こころに  灯る 。。。

  ~ みつろうが  ゆっくりゆっくり 溶けていく。
      毎瞬毎瞬が  新しいカタチ。
      世界でたったひとつの  キャンドルが。
      わたしの 手から  生まれてきた。 ~

☆手作りした後は、お茶をのんで のんびりくつろぎましょう。☆


 ◎お申し込みはメールフォームからどうぞ。


女の子たちとみつろうキャンドル


不明-12



21日は、みつろうキャンドルを手作りする会でした。

小学6年生と高校1年生の女の子たちとの集まりになりました。

木削りの時に感じていたのですが、子どもと一緒に作る時間は活き活きした
空気が流れて、とても楽しく大人ばかりの輪とはなにか違ったものがあります。


今回、子どもたちがメインの輪になって、とっても楽しく新鮮なかんじがしました。


作り方はもともとが難しくはないので、ざっと流れを説明したらあとはお任せです。

子ども達は自らコツを見いだしたり、工夫をして、楽しそうです。
わたしはちょこちょこっと声をかけるくらいで、見守るだけです。


作っている過程や出来上がった作品には、女の子達それぞれの個性が現れていてとってもすてきです。☆


明るくきらきら輝くひかりに触れて、私はうれしく心地よい時間を過ごさせてもらいました。


子ども達が集まっている光景は、コトミナにとっても合ってるなあ~
と新しい発見でした。^^


後で親御さんから、とても楽しかったと言っていたよ、とお聞きして、
喜んでもらえたことがうれしくて、やれてよかったなあととても満足した
心地でした。


わたしにとってもいい経験をさせてもらい、ありがたいです。



みつろうキャンドル作りは、子どもから大人まで誰でも楽しめて、
うれしくあったかい気持ちになれるいい時間だなあと感じます。

来月もまた集まりを持ちたいと考えています。


どうぞ体験しにお越し下さいね。

親子で参加されたりするのもいいのではないかと思います。


来月の開催日は、またお知らせしますね。


不明-11


不明-10




ゆったりまったりキャンドル作り


090222-205915.jpg


今日は、みつろうキャンドルを手作りする会でした。

上の写真は、生み出された作品たちです。


カワイイです。☆   そして 美味しそう~。^ ^



缶にみつろうを入れ、湯煎で溶かし液体にします。

そこに、ひもを垂らしてさっと浸けて、芯を作ります。

そのひもを浸けては上げ、浸けては上げ、、、を繰り返すうちに、ひものまわりにくっついたみつろうが
どんどん太っていって写真のようなカタチになります。(ディッピングという方法です)


どのようなカタチになっていくかは、毎回異なり、その時だけのもので、偶然のおもしろさがあります。


参加して頂いた方が作られたものも、自然の中にあるようなカタチになって、その上にみつろうねんどで模様がつくととっても可愛らしく、ステキなものが現れて来ました。


いろいろとおはなししながら、ゆったりまったり。

一緒にキャンドル作りをたのしみました。



手をつかって、そこからたったひとつのすてきなものが生まれてくるのは、たのしいですね。

それをひとと一緒になってつくる時間を、共有出来るのはとってもうれしいことです。




参加して下さって、ほんとうにありがとうございました。


**

3月もまた行なう予定でいます。

とっても簡単に、オリジナルでかわいいみつろうキャンドルができますよ。☆

みなさんとご一緒にたのしみましょう。

ご参加をお待ちしています。







プロフィール

kotomina

Author:kotomina
京都駅の南側すぐそばにある古い昭和のおうち
kotomina(コトミナ)。
2008年から5年間活動し、2013年5月にcloseしました。


お問い合わせは、下段にあるメールフォームをお使いください。

最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。