kotomina kotominaができるまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小部屋ができました




不明-7



今日は、21日。
東寺の弘法さんの日でした。
今月も行って来ました。

雨の予報でしたので、出店数も減っていて、それぞれのお店の品数も普段より少なめでした。

混んでないのでゆったり見て回ることが出来て、限られた品数の中で掘り出し物も見つかりました。

いつも買い物をするお店がいくつかあって、毎月通っているうちに顔を覚えてもらうようになり、
今日は何軒かでおまけをつけてもらったりして、うれしかったです。

ちょっとした会話のやりとりもうれしい。^^


静岡から来られている女性のほしいも屋さん。
ここのがとってもおいしくて毎月買っていました。
いつも笑顔でていねいで真心が感じられるいい方です。
今月が最後でした。次に売りに来られるのは10月からになります。
しばらく顔が見られないのがちょっとさみしいなあと思いますが、
また10月になるのを楽しみにしてよう。


おもちもここのところの定番になっています。
南門のところに出されているいいかんじの老夫婦のお店。
ここのおもちもとってもおいしいです!
もう何十年も同じこの場所に出店されているそうです。
おばあちゃんはとってもかわいらしくて、お肌が白くてきれいで、まさにもち肌なんです。
ここの老夫婦の心のこもったおもちを、日々おいしく頂いています。


今月の掘り出し物は、マトリョーシカです♪♪

またしても出会っちゃいました。☆
今回は女の子です。

ここにいるよー ってわたしたちを待っていてくれた感じです。

ひゅーんと一気にテンションあがりましたよ。^^



あとは、ちりめんじゃこ、お茶、植木、東寺餅を買って、今月も満足して帰って来ました。




*******


ところで、小部屋ができました。

更衣室なんですが。

来月のうさと展で必要となるので、作ってみました。


定期的に、合気道ワークショップや、気功教室など行なっていますので、
ちゃんとした更衣室スペースを設けることができてよかったです。



更衣室ではあるのですが、このスペース、中に入ってみると意外と落ち着いていいのです。

秘密の小部屋、っていうかんじ。(笑)

タロットとか、占いのスペースにもいいのではないかな~。^^




不明-5


不明-6


不明-8








スポンサーサイト

かんばん 2号



不明-5



看板2号ができました!!

コトミナはあらゆるところにマスキングテープが登場しています。

今回の看板にも、マスキングテープが大活躍です。



マスキングテープが大好きです。

ちゃくちゃくとマスキングコレクションが増えて行ってます。

ちょこっとしたところに貼るだけで、キュートに変身します。

そんなささやかなことで、シアワセ~~になってしまいます。



コトミナ看板2号が、訪れるみなさまをお出迎え致しますね~。



不明-7



 ***
   ☆明日18日(土)は、せんざきあやのLiveです!
      どうぞお越し下さいね~。 (メールフォームからお申し込み下さい)
      よろしくおねがいします。☆

   
 
 せんざきあやのLive at kotomina

 (日時)4月18日(土) 開場 14:00 開演 15:00

 (場所)kotomina (京都駅八条西口徒歩3分)

 (料金)2000円(お茶とあやのちゃんお手製おやつ付き)



 *** ぽかぽか春の昼下がり。
     おやつ食べて。ほっこりひとやすみ。
     あやのちゃんのあったかい唄とウクレレの音色。
     コトミナをまあるく包みます。
     のんびりゆっくり楽しみましょう。 ***



新春まんまる



不明-6





昨日のえびすさんで福を頂いてから勢いが出て来たのか、今日はコトミナの壁に手を加えたり
修理が必要な箇所を直したりして、またすっきり気持ちよくなりました。

ラブリー壁になりましたよ。^^



極個人的な感覚ですが、昨日が元旦でやっと新春スタートした!というかんじです。


そうそう、今日は満月。

夕方見たお月さんはおっきなまんまるでした。



不明-7


不明-8





かんばん

081008-160222.jpg


コトミナ看板。

つ、つ、ついにーーー できました。

夏休みの宿題にしていたものの、出来ず。。 時間が過ぎていき、すっかり季節も変わり。。


作らなきゃなあと思い始めて半年たってしまいました。


あたまの中でイメージして、それを表すにはどういう素材がいいかとか、形は、サイズは、
誰かに頼もうか、いや、自分で作ってみることにするか、とかとか。。



機が熟す時というのが、必ずあるのですね。

ようやくカタチになってくれました。


自分らしい、コトミナらしい、ものにしたいなあと思っていて、こちょこちょあたまと手を動かしているうちに、こういう組み合わせが出てきました。

コトミナの床に貼った板の余りと、みつろうクレヨンと、みつろうワックス。
本来の機能は果たし終えたけど捨てずに取っておいていいかんじ錆びてきた鉄の枠と、
友人のちいやすくんに頂いた小さなステンドグラス。


それらを合わせて出来ました。



急に閃く瞬間というのがありますね。

モノも、それぞれにぴったりな場所があって、そのモノがとってもステキに輝き活かされるところというのが。


色んな場所に置いてみたり、色んな用途に使ってみたりしているうちに、
”ああ!このひとはココがいいわ!” とはっきりすることがあります。

ぴたっとハマるのです。

出来上がってみて、(なるほどー こうきましたかー)と自分でやったことではあっても妙に感心、納得
したりして。


自分のそばにやってきた(買ったり、頂いたり)モノたち。
始めはそれがどこで活かされるのかは見えてないことがありますが、一方では自分の中のどこかでは分かっていて、そうなるようにからだは行動を取り始めているのかもしれないなあと、よく思います。



コトミナの目印です。

どうぞよろしくおねがいします。



081008-155928.jpg





はじまりの気持ちを忘れない

080902-134227.jpg


8/31の『正しい夏休みの過ごし方』は、参加予定の方達が急遽都合がつかなくなってしまったりもして、会としては中止しました。

でも、床にみつろうを塗るのは予定通り行ないました。

実は、用意していたお手製みつろうワックスが途中でなくなってしまい、
半分のところで終了ー。

もう一度、ワックスを作成することにして、残りは翌日、まつおさんに行って帰ってから塗りました。


31日の新月。
翌日1日。

結局 ”始まる”日 の二日にまたがって行なうことになりました。


ワックスを塗るにあたり、モノを全てのけてがらんとした空間に。

この姿は久しぶり。
そうそう。
始めはここはこんなかんじだったんだよなあ。。

ゆっくりなんどもみつろうワックスを塗り込んでいくと、深く艶やかな色味に変わって行きます。

初めてみつろうを塗ったときは、4人のひとが手を貸してくれた。。

更にさかのぼると、、

床を張り終えてから、表面をサンドペーパーでひとり地道に何日もかかって磨いた日もあった。。



みつろうワックスを手に取り、何度も何度も床を撫でているわたし。

そばには、おんなじ作業をしてくれているパートナーの姿。



この場所この家に出会い、床板張りに協力してくれる人に出会い、kotominaというなまえが生まれ、いろいろなひとが集まって創りだされた時間があり、思いもかけない素敵な出会いが増えていった。。


この床のうえで。

わくわく 楽しく うれしく おいしく。

ごろごろ まったり うとうと すうすう。

きらきらの輝きがくり広がっている。。



ひとりで心細く、不安になったり、気弱になったこともありました。

でも、そのときそのとき色んなひとに手をかしてもらって、それをありがたく頂けるようになって、いろいろなものに守られて導かれて来たんですよね。



始まりのこの空間に、ひとりいたときのことを思い出し、
そこから今日までのことを思いました。



最初のきもち。 わたしのまんなかにあるもの。

いつも 何度でも そこに立ち返って忘れずに。

これからも ひとつひとつをていねいに していくこと。



みつろうを塗ったこの二日間。

原点にもういちど気づく、そんな時間だったんだなあ。



080902-134450.jpg





プロフィール

kotomina

Author:kotomina
京都駅の南側すぐそばにある古い昭和のおうち
kotomina(コトミナ)。
2008年から5年間活動し、2013年5月にcloseしました。


お問い合わせは、下段にあるメールフォームをお使いください。

最近の記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。